クロスブラウザ・ブルース

クロスブラウザってなんやねん?

なんやねん、と言われてもこういう意味なんだけれども。

web用語辞典 – クロスブラウザ

クロスブラウザとはInternet ExplorerやNetscape Navigatorなどwebブラウザ?の仕様の違いなどによる挙動の違いをなくす技術のこと。

webデザインのプロではないので、どうもこういうことに疎い。でも、Macしか持っていないからMacintoshの標準ブラウザSafariで最適化するしかない。もちろん技術もないため、あまり細かく見栄えを揃えるつもりもなかった。

しかしブログを移転するにあたって、「あっ、そう言えばWindowsのブラウザでは、どう見えるんだろう?」なんてことをふと考えてしまったのだ。

それでWindowsのブラウザからこのブログがどう見えるのか、確かめる方法を探った。

すぐに思いついたのはこういうものを確認するためのwebサービスで、そういうのがあったなぁと頭のどこかに記憶していた。ちょっと検索してみると、便利なまとめを掲載しているサイトがあった。

無料でオンライン上クロスブラウザチェックができるサイト集2010|| ^^ |秒刊SUNDAY

これは助かると、いろいろ確かめてみたのだが、チェックできるブラウザが限られていたり、サイトが激重で使い物にならなかったり。メールで返すと言いながら帰ってこなかったり、なかなかいいサイトがなかった。

Adobe BrowserLabがなかなかイケてる!

そんな中「おおっ」と思ったのが、Adobeが提供しているサービス「Adobe BrowserLab」だ。

登録が必要なのだが、GUIもわかりやすいし、MacからWindows、SafariからIE6,7,8、GoogleChromeまで、かなりの範囲で環境の違いによる見え方の確認をすることができる。

▼こんな感じで並べて確認することもできる。

ということでこのブログを見てみた。当然のことながらmojoの基本環境であるMacのSafariではいいのだが、WindowsのIEだと厳しい部分もあった。

IEもバージョンが8になるとマシなのだが、それ以下ではデザインが崩れて文字が見えないところがあったりして、首をうなだれるばかり。

▼IE7で見ると…

ロゴに添えてあるイラストなどは、右端を他のブロックと合わせてあったのに、なぜかビヨーンとはみ出てしまう。そのため思い切り中に押し込めなければならなくなったのは残念。

その他、CSSで直せるところは直したが、文字の重なりなどうまく直らないところは、直しかたがわかるまで放っておくことにした。

IEなんて知らねーよ、なのだ。

▼これがIE8での見栄え

▼本当はこう見えて欲しい。Mac Safari

それにしても、こうして確かめてみると改めてフォントの見栄えが違うことを認識させられる。mojoはやっぱりMacのほうがいいなぁ。

しかしクロスブラウザ、クロスブラウザと言ったって、こんな考え方もあるので、これからもテキトーにやっていきます。

クロスブラウザとは ─ よく わかるかもしれない IT・コンピュータ 用語辞典 [真・コンピュータ用語辞典]

WebコンテンツやWebアプリケーションなどにおいて、数値的な統計を見れば、無視しても構わない、使われてもいないようなブラウザを、どういう訳か使い込んでいる一番うるさい連中のために、使わなくてもいい労力と時間を割いて、使われてもいないブラウザでもまともに表示されたり、動作したりするように調整すること。

コメント

  1. HiTsu より:

    私は、BootCampでWindows7を使ってチェックしてましたが、adobeのサイト便利良いですね。使わせてもらいます。。。

    私も同感で、フォントの見栄え等々はやはりMacの方が上だと思います。

  2. mojo より:

    △Hitsuさん

     僕も試してみたいエディタや他のアプリがあるんですが、いかんせんWindowsを触ったこともないので探していたらAdobeのサービスにたどり着きました。

     使い方も簡単だし、素人がwebの確認に使用するのにはいいんじゃないですかね。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade