WordPressのプラグインJetpackを試験導入

image

JetpackなるWordPressプラグインを入れてみた。本家WordPress.comで配布しているもので、機能を使うためにはWordPress.comのアカウントをとって、連携をしなければならない。

ちょっと面倒なんだけど、それだけ機能も多くて、以下の機能が一気に拡張される。有料のものもあるが、ほとんどは無料で利用可能だ。

【通知】
ツールバーと WordPress.com 上でサイトのアクティビティを観測・管理できます。

【パブリサイズ共有】
サイトを人気のソーシャルネットワークに接続し、新しい投稿を自動的に友達と共有できます。

【WordPress.com 統計情報】
サーバーに余計な負担をかけない、シンプルで簡潔なサイト統計情報ツールです。

【Jetpack コメント】
ソーシャルメディアログインに対応した新しいコメントシステムです。

【購読】
読者がメールで新規投稿やコメントの通知を受け取れるようにします。

【カルーセル】
標準の画像ギャラリーを迫力あるフルスクリーン表示に変更できます。

【いいね】
「いいね」ボタンは、読者があなたのコンテンツに対して好意的反応を示すための手段です。また、投稿の人気度を表示することにもなります。

【メール投稿】
メールアカウントから直接ブログを公開できます。

【共有】
コンテンツを Facebook、Twitter などで簡単に共有できるパワフルなツールです。

【スペル&文法チェック】
After the Deadline 校正サービスを使って、文章中の英語などのつづり・文書スタイル・文法を向上させましょう。

【VaultPress】
WordPress サイト用のリアルタイムバックアップ&セキュリティスキャンサービスです。

【Gravatar ホバーカード】
コメント投稿者の Gravatar プロフィールをポップアップで表示できます。

【コンタクトフォーム】
コンタクトフォームを簡単に好きな位置に設置します。

【タイルギャラリー】
外部グラフィックエディタを使わずに写真をマガジン風のモザイクレイアウトで表示できます。

【WP.me 短縮 URL】
共有しやすいように、すべての固定ページとブログ投稿で WP.me ドメインの短縮 URL を有効化します。

【モバイル用テーマ】
サイトをモバイルデバイス向けに自動で最適化します。

【ショートコード埋め込み】
YouTube、Vimeo、SlideShare などのサイトから動画などを簡単に埋め込めます。

【カスタム CSS】
テーマを変更することなく、CSS を使ってサイトの外観をカスタマイズできます。

【Beautiful Math】
投稿にマークアップ言語の記述を含められます。複雑な数学の数式などに最適です。

【追加ウィジェット】
簡単に画像、Twitter 更新、サイトの RSS リンクを簡単にテーマのサイドバーに追加しましょう。

【無限スクロール】
読者がページの下の方へ近づくと自動的に追加投稿を読み込みます。

【Photon】
WordPress.com コンテンツ・デリバリー・ネットワーク (CDN) から画像を読み込んでサイトをスピードアップさせましょう。

【モバイルプッシュ通知】
Apple 社のデバイスでプッシュ通知を受け取れます。

【JSON API】
アプリケーションがクラウドを通じてコンテンツへ安全にアクセスすることを許可します。

【拡張配信】
公開した投稿やコメントをリアルタイムで検索エンジンやその他のサービスと共有できます。

正直なところ、これまでのプラグインで実現できていた、つまり重複する機能も多いので、必要ないと言えば必要のないプラグインなのかもしれない。

mojoの場合はTwitterやFacebookのアカウントでコメントをつけられるという機能を試してみたかったのでテスト導入してみた。

ただ、ひとつのプラグインで多くのことををカバーできるため、プラグインの数を減らしたいとか、いちいち探したり有効化したりするのが面倒くさいという向きには、こういうパッケージがけっこう役立つんじゃないかなぁと思うのだが、どうなんだろう?

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade