棘と蜂蜜

タンスの引き出しが汚れているのを見つけたので、ひっくり返してホコリを捨てた。引き出しを元に戻そうとしたところで痛みを覚えた。

見ると左手の小指の先に小さな棘が刺さっていた。思わず痛いなあ、と顔をしかめながら、右手の指でそれをつまんで引き抜いた。やっぱり夜中に掃除なんてするもんじゃないな、と思って血のにじんだ手を石鹸で洗っていると、棘を抜いたところが鈍く痛む。

んっ? と思ってよく見てみると、小指の先に数ミリの黒いものが埋まっている。抜いたつもりの棘が残っていたのだ。これはいかんと、爪を食い込ませて棘を押し出そうとするのだが、なかなかとれない。

そうこうしているうちに、なんだか指先が熱くなり、鈍痛が痛みに変わってきた。

そこで、こういう時はネットの力を借りようと思い、棘の抜き方を調べてみた。すると、「棘には蜂蜜」というアドバイスがいくつも載っているではないか。

どうも棘の刺さったところに蜂蜜を塗ってしばらくすると、抜けやすくなるらしく、あちこちのQ&Aサイトで賞賛されている。もはや、その誉められかたは幸運のペンダント並みで、「これで棘を抜いてから、不思議なことに彼女ができたり、競馬で万馬券をとったり、幸せだらけです」と言わんばかり。

これは、ぜひ真似をして、mojoも幸運体験をしなくてはいけないと思い、夜中の台所をひっくり返してみた。だけど、蜂蜜は見つけられない。代わりにあったのが、メープルシロップ。

うーん、これで棘は抜けるのか? mojoにも幸運はやってくるのか? とりあえず塗ってみることにした。待つこと10分。

とれねーよ、棘。

もちろん、幸せもやってこない。やっぱり蜂蜜じゃなきゃいけないのか。

その後、「棘は放っておいても、自然に体外に出てきますよ」というコメントを発見。そういえば、しょっちゅう棘を刺していた子どもの頃、深く入り込んだ棘も日にちがたつと、自然に体液だか膿だかといっしょに、ニュルっと出てきたような記憶がある。

そう思ったら、まあ無理してとることもないかと思えてきて、今はまだそのままにしてある。ギターを弾く時に少し痛んだので迷ったんだけど、さてどうしたものか。

こうなると、蜂蜜を使って本当に棘が取れるのか、試してみたくなるよね。

Posted from iPhone.

コメント

  1. あかつき より:

    ご無沙汰してました。
    いろんなものに夢中になってるうちに年末になっちゃった感が…
    (もういい歳なのに…)

    トゲにハチミツとは初耳。
    ホントかよって感じですが今度試してみます。

    それとmojoさんの手が私の手よりキレイでビックリです(笑)

  2. mojo より:

    △あかつきさん

     どもども。あっという間に年末ですねえ。僕の方は相変わらずの生活って感じです。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade