入院31日目 肺に水がたまってしまった!

image

前回もそうだったが、またもや食事に出てくるお粥が食べられず苦労している。塩味のついていないお粥はどうも苦手なのだ。ろくなおかずもないし。

それと生温かいのが、なんとも受け付けられず、すぐに箸が止まってしまう。食べないと回復しないし、困ったなぁ。

そんな状態なのに、体重が減らない。減らないということは水がたまって抜けていないからだ。

手術後毎日撮影しているレントゲンにもそれは写っていて、たまった水のために肺がきちんと見えていない。もちろん、体にも影響は出ている。息を吸い込んでも空気が足りない感じがして、どうにも息苦しいのだ。

そこで背中に水を抜くための穴をあける処置をすると言われた。これは記憶があるぞ。10年前にもやっている。

あまり、いい記憶じゃないよなぁ、と思いながら車イスで処置室へ。壁のほうを向いてベッドに座り、枕のようなものを胸に抱える。

「ちょっと痛いからね」

とN先生。麻酔の注射を打ってくれたが、けっこう痛い。背中に水を出すための管を入れているのだから痛いよね。

入ったところで注射器のようなものを使い水を抜くのだが、これがまた妙な感覚。背中の筋肉が掃除機で吸い上げられているような、痛くて気持ちの悪い感じ。

800ccぐらい抜けたところでこの処置は終わったが、まだ水が出そうなので管はそのまま残し、出なくなるまで自動で水を吸い取る機械(上記写真)につながれることになった。

処置自体は痛かったが、ある程度水が抜けたことで息苦しさがだいぶ緩和され、楽になった。

夕方には尿管も抜いてもらい、部屋からサンルームまで初歩き。久しぶりの夕陽を見ながら、水が出たのは困ったけど、少しずつよくなっていくのかな、そんなふうに思った。

<<<入院30日目 朝食後軽く体調を崩す
>>>入院32日目 38°Cの猛暑とつけうどん

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade