入院28日目 手術当日

前日の寝付きはよかった。でも自分では緊張しているという意識はないんだけれど、何度も目覚め、4時半ぐらいからゴロゴロしつつ半分起きていたところをみると、どこかでは緊張があったのかな。

結局5時40分過ぎには起きてしまった。少し寝足りない感じ。でも、どのみちこれからたっぷり寝るからいいか。

看護師に「二番目って何時ぐらいになるの?」と聞いたら、前の人の状況次第だけど12時ぐらいからというのが多いらしい。じゃあ、まだ時間はたっぷりある。

9時までは水分摂取が許されていたので、朝のお茶を飲みながらゆっくりと新聞を読む。なんだか、いつもと変わらない朝だ。

10時半、病室で点滴がはじまる。といっても薬ではなく水分補給かなにかの点滴だ。その後、11時ぐらいになり看護師がやってきて順番が来たとの知らせ。

家族たちに「行ってくる」と軽いあいさつをかわし、病室を出た。以前の病院では病室で手術用の着衣に着替えたが、ここではパジャマのまま歩いて手術室に向かった。

手術室につくとストレッチャーに乗せられパジャマを脱がされた。

すぐに布がかけられ、そのまま手術室だか手術準備室だか、違う部屋へ移動。そこで麻酔がはじまったのだが、足にチクリと針が刺さったかと思ったら、もうほとんど瞬間的に落ちていた。

ここから先は寝ていたので家族に聞いた話。4時半ごろ、執刀医が出てきて「縫合はこれからですが、手術自体は成功しました」と説明してくれたらしい。

ところがICUでmojoに面会できたのはそれからさらに2時間あまり過ぎてからだったとか。

「麻酔がさめて意識確認ができないとなんとも言えませんが、順調ではあります」

と言われたらしい。母は、この病院のICUが広く明るいのにビックリしたとか。前の病院では狭いため機械に囲まれて身動きがとれず、顔もゆっくり見ることができなかったが、今回は広々としていたのでよかったと言っていた。

<<<入院27日目 手術前日はなにかと忙しい
>>>入院29日目 1日で体重を6kg増やし一般病棟に戻る

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade