入院25日目 手術リスクとマーキング

img

朝10時半、3日連続の朝風呂に入る。なんだか、この時間が定番になってしまったなあ。

風呂から上がると友人に電話。この夏は暑いというし、家のトイレが干上がっていると困るので、郵便物の回収と一緒にトイレの水を流しに行ってもらう。

午後1時15分、鼻と口の細菌検査。これは手術に向けてのもの。長い綿棒みたいなものを突っ込まれてグリグリされるのだ。以前の手術の際にもやった覚えがある。

午後2時、洗濯をする。もう何回目だろう。入院が長くなったので、こういうことがだんだん日常生活になってきた。

午後3時45分、外科の先生が来る。手術の簡単な説明とリスクの話をする。

手術時間は通常なら7時間ぐらいだが、再手術で癒着部分を剥離しながらやっていかなければならないので10時間ぐらいかかるかもしれないとのこと。また手術はオンポンプ(人工心肺装置を使う)でおこなう。

死亡率や後遺症など、手術リスクの話をされるとやっぱりドキドキするね。

また足に血管を取るためのマーキングをしていった。

父ちゃんは、いろいろ検査をした結果、心臓専門のこの病院ではすることがないので退院することになりそうだ。mojoの手術と重ならないといいけど……。

<<<入院24日目 手術と緊張
>>>入院26日目 ブギと夕陽と91歳

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade