入院19日目 大変なことってのは重なるもので

朝、新聞を読んでから区役所より届いていた減額申請書に必要項目を記入していく。郵送での申請の場合これも必要だというので、売店で保険証のコピーを取り、80円切手を購入。

準備が整い、さて出そうと思ったところ、封筒をとめるノリもテープもないことに気づく。明日友人に持ってきてもらうことにして、今日の投函を断念しようと考えたが、そういえばナースステーションでテープ台を見かけたのを思い出し、ちょっとわけてもらうことにした。

朝8時、Y先生と話す。外出や外泊はこれからもOKとのこと。といっても、病院から自宅まで1時間以上かかるので、外出は意外と活動できる時間がとれない気がする。外泊ならもう1度してもいいかな。

昼食後、今度はデイルームで外来の担当医であるT先生にバッタリ会う。

「外泊時に特に変わったことはなかった?」

と聞かれ、1日目に少しだけ息苦しい場面があったと伝える。

夕方、実家と友人宅へ電話。母は病院近くのホテルを手術前日からおさえたとのこと。一週間ぐらい予約を入れて、あとはmojoの回復具合を見て決めるそうだ。

友人のほうは、少し深刻な電話になった。

91歳父ちゃんの足がむくんでいるのでかかりつけ医でレントゲンを撮ったところ、結果がおもわしくないらしい。mojoの入院している病院の患者でもあるので、ここで肺のCTを撮るなど詳しい検査をしてもらいなさいと言われたというので心配。

データでは肝臓は大丈夫だけど、腎機能には問題ありだそうで、貧血も出ている。赤血球が不足してるとか。そして、これがむくみの原因か、肺に水が溜まっているのがレントゲン写真でもしっかり確認できたようだ。

さらに歩くと太ももが痛いというのも気になる。かかりつけ医は「入院になるかも」と言ってたらしい。

<<<入院18日目 2003年の記録によれば……
>>>入院20日目 父ちゃんが入院してきた!

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade