「職場のがん検診、科学的根拠ない検査の可能性も」ほか最近気になった医療系ニュース 2017年4月10日版

医療ニュースの画像

いやー、このところ季節がわりの波が体に影響を与えていて、だるいったらありゃしない。おまけに、めまいもきつくて、先週の金曜日は特にひどかった。

それでも、横目で桜をチラリと愛で、月がきれいだなぁと夜空を眺めながら今日も帰ってきた。それでいいじゃないかと思ったり、思わなかったり。


なんでだろう? なにが影響するんだろう?



気管挿管と内視鏡検査、喀痰吸引の3つの挿管手技のシミュレーションに対応しているようだが、咽頭反射を再現するって、医療用ロボットも進化してるなぁ。



最近はネットの機械翻訳も相当進化しているから、東京オリンピックの頃には病院の外国人受け入れ体制も変わっているだろうね。



あまり意味のない検査をやってる可能性があるってことかなぁ?



44%も地方勤務の意志があるとアンケートに答えているのは、なにが邪魔をしているのだろう?



軽度の患者で効果が期待てきるらしい。使えるようになれば、喜ばしいね。



それぞれ考える部分はあるだろうけど、超高齢化社会になって、これからこういう意思を明確にする人も増えるだろうし、こういう決めごとは必要なのかもしれない。



すでに妊娠検査キットとか、いろいろ出ていると思うけど、今後さらに参入競争が激しくなっていく分野ではないだろうか。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade