全心臓病患者が笑った

電車の中。横にいた女性2人の会話が聞こえてきた。

どうもmojoの隣に立っている女性が、夜道を歩いていたら突然犬に吠えられてビックリしたという話。

それがいかに怖かったかということを身振り手振りを混ぜながら、ことこまかに伝えたあと、彼女は言った。

「もう心臓がバクバクしちゃって宇津救命丸を飲まなきゃって思ったちゃったわよぉ〜」
「………」

ん? ん? ん?

なにか引っかかるな? と思ったのはmojoだけじゃないらしく、友だちらしき女性も首をかしげている風。ほどなくして、その女性が気づいた。

「あなた、それって宇津救命丸じゃなくて救心じゃないの」
「えっ、なに?」
今度は救命丸のほうが首をかしげてハテナ顔。

「馬鹿ねえ、救命丸って夜泣きを治す薬でしょ」
「あっ!」

そ、そうだよね。宇津救命丸って赤ちゃんの薬だよね。心臓がドキドキしたとき飲んでも、おそらく効かないよね。

同じように疑問を持ってこの会話に耳を傾けていたらしき車内の聞き耳族たちも、いっせいに安堵したらしく、中にはこらえきれずにクスっと笑いを漏らす者もいた。

そんな周囲の反応もどこ吹く風、2人の女性は豪快な笑い声をあげながら、近所の肉屋のコロッケのサイズが微妙に小さくなったのではないかという、ごくローカルな話題にうつっていった。

聞き耳族たちは、その話題に乗り遅れまいと心の準備をしつつ、頭の中でグルグルと回る宇津救命丸と救心の処理に困っていたのだった。

↑そう言えば救心といえば、先日亡くなった児玉清がCMをやっていたなぁ。

コメント

  1. 面白い! 
    宇津救命丸と救心の区別、実はわたしも知りませんでした。
    でも読んでいくうちに思わず吹き出しました。 mojo さん、さすが。

    本題からは外れますが、「救心」のCMに出てきたカウンターの料理屋さん、あんなお店で飲んでみたいと激しく思います。(笑)

  2. mojo より:

    △【篠の風】さん
     CMのお店はおでん屋さんみたいですね。さすがにドイツにはカウンタータイプの小料理屋さんなどないでしょうから、懐かしいでしょう。

     日本公演で帰国したら、ぜひ楽しんでください。小料理屋オフでもしますか?

  3. 行けると良いのですが。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade