Cloud戦争がやってきた

Appleがこの秋からiCloudをスタートさせようとしているさなか、無料のオンラインストレージサービスNAVER Nドライブが、最大保存容量を10GBから30GBに引き上げてきた。

しかも、外付けドライブのようにNドライブを扱うことのできるアプリ、Nドライブエクスプローラーも、Macに対応(Lionは今のところ非対応)させてきた。

ちょうど先日、AppleがiCloud beta for Developersを立ち上げ価格も、

Apple、「iCloud beta for Developers」を立ち上げ – ITmedia ニュース
無料で利用できるストレージ容量は5Gバイトまでで、年額20ドルで10Gバイト、40ドルで20Gバイト、100ドルで50Gバイトまで容量を追加できる

と、発表されたばかり。iCloudはiOSやMacと連携した写真や音楽の同期など、できることが違うとはいえ、Nドライブの無料で30GBというのは驚異だと思う。

Nドライブのアカウントは持っていたので、さっそく使ってみた。アプリをダウンロードして解凍。ディスクイメージを展開すると、インストーラーが入っていた。インストールしたアプリを立ち上げ、パスワードを入力。

image

ログインしてみると、じつにあっけなくデスクトップにNドライブがマウントされた。ちょっと小さな書類をDrag&Dropしてみたんだけど、すぐに反映され便利、便利。

image

それにしてもNドライブだけではなく、使い勝手バツグンのDropboxをはじめ、以前は重たい印象があったけど、こまかいところで進化している Sugarsync、20GB無料のUploadingitなど、オンラインストレージは花盛りだ。

もちろん、セキュリティの問題は気にしなくちゃいけないんだろうけど、使う側としては便利で容量がアップされるんなら、それにこしたことはない。

こうなるとCloudを制したものが次の時代を担うのかな、なんてことも思うわけで、それぞれの今後の動きが気になるところ。

個人的には上で紹介したオンラインストレージのほかにも、Googleドキュメントなどは仕事でもとても便利に使っているし、Evernoteも使い方からしてCloudのはんちゅうに入るものだろうと思う。

さて、AppleはiCloudのサービス・インの時になにか驚かせてくれるのだろうか?

コメント

  1. なおみ より:

    なんかよくわからんけど、Dropboxっていうのを使ってるよ~

  2. mojo より:

    △なおみさん
     コメントどうもです。Dropboxは早いし便利ですね。バージョンの履歴も残るので、過去の書類を探すこともできる優れものッス。

  3. mojoさん、こんにちは。NAVERの金子です。

    オンラインストレージ系のサービスは色々とありますが、用途によって使いやすいものを使い分けていただければと思います^^

    Dropboxは、やはり使い勝手が良いのでNドライブも参考にさせていただきたいと思います!

    まだまだ改良していきたいので、使いづらい点や欲しい機能があればぜひ教えてくださいね~

    公式twitterもありますのでいつでもお声がけください:http://twitter.com/naver_jp

  4. mojo より:

    △金子様

    せっかくコメントをいただいたのに、気づくのが遅くなり申し訳ありません。

    Nドライブは、やはり容量が圧倒的に大きいですね。また、iPhoneやiPadからも利用できるので、重宝しておりましたが、今回のNドライプエクスプローラーは、本当にHDDをマウントしているように使えるので便利です。

    これから、さらに有用な使い方を考えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade