意外と使えるMacの標準アプリ

この間WindowsのWordからコメント履歴付きの書類を持ってこなければならなかったのだけれど、試しにMacのpagesで開いてみると、意外と問題なく開くことができるってことに気づいた。Windowsで書かれたコメントなどもちゃんと残っていたのに驚いた。

昔のイメージが残っていたからか、開けても文字化けで大変だろうとか、やっぱりWordを使わないとダメなのかとか、まさかコメントや履歴は見られないよなと思っていたのに、それが意外とあっさりと見られたのだ。

もちろんフォントがどうとか文句を言われるし、見栄えなんかも違うし、MacやWindowsの環境によっても違うんだろうけども、それでも何とか開けているところに感動した。

逆にpagesで編集してWindowsに持っていくこともできそう。現在のところMac内だけの確認なんだけれども、コメントや変更履歴も残っていたし、コメントを残した人の名前や時間もバッチリ残っている。バージョン履歴も全部見ることができる。

やり方はpagesで書類の上にある変更履歴のボタンをON。それから歯車のところで、マークアップか削除部分なしでマークアップか、そのあたりを好みに合わせて選ぶ。まあ、Windowsに渡すならマークアップでいいような気がするんだけど。

あとおそらく初期設定のままだとiCloudにpagesの拡張子で保存されているので、自分でローカルに落としておくのを忘れないように。Windowsに渡す場合は、書き出す→Wordでdocxの拡張子にして書き出すと幸せになれる。

ちなみにexcelの書類もnumbersで簡単に開けたので、難しい関数とか使ってないものなら、おおかた大丈夫じゃないかなと思う。

そんなわけで、最近はMac標準のアプリだけでもかなりイケる感じがしてきた。なんとなくテキストエディタばかり触っていたためにpagesだのnumbersだのを避けて通ってきたけれど、もっと早くから研究しておけばよかったかなと反省。

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade