iPhone 6林檎ループにハマる!

もろもろの事情でゲーム機および音楽&動画再生など、おもにエンターテイメント機種として余生を送り始めたiPhone6。

  • 悲しみの iPhone8 | 地上8階の夏休み.
  • このiPhone6に対して iTunesが対応していないのがわかっていたため、 MacBook Pro 2009では、もうiOSのアップデートをしないように気をつけていたのに、うっかりiPhone 6をつないでアップデートしてしまった。すると案の定トラブルに。やれどもやれどもアップデートが終わらず、ついにはあの悪名高き林檎ループに陥ってしまったのだ。

    これね、どうしようもない。正常に起動してくれないので、にっちもさっちもいかないわけで、途方に暮れる。

    ポピュラーな林檎ループからの脱出方法

  • セーフモードで再起動
  • SIMカードを抜いて再起動
  • iTunesと同期する
  • DFUモードで復元を試す
  • 以上のことをあれこれやってみたけど、どうにもならない。いろいろ調べてみると本体の故障とかシステムの不具合以外にも、iTunesが対応していない時にも林檎ループが起こるらしい。いや、まさにそれで、さすがに10年前のMacBook Proでは、iTunesを最新のものに上げようにも上げられない。本当はこのMacでも対応するところまで行けたみたいなのだが、App Storeで途中のOSを落とし忘れていて、うまくアップデートできないのだ。

    そんなわけで重い腰を上げて新しいMacを買うことにした。

    なぜ新しい機種を買おうと思ったのか?

    本当のところ、近年のMacはよくできているので、たいていの作業は古いMacでもできる。とくに今は重い作業もしていないし、このところの 使い方ならMacBook Pro 2009でも、ぜんぜん問題なかった。しかし、動きがもっさりとし、何をするにもすごく待たされるようになってしまったので、そろそろ潮時かなとも思っていた。

    あとノートのくせにバッテリーがいっちゃったせいで、有線でしか使えないっていうね、悲哀もあったのもで、本当にノートとしては限界だったんだろうな。

    でもOSをクリーンインストールすれば、もう少しマシになるかもしれないので、それは今後やってみたいと思う。あるいは安い外付けのSSDを買って起動するとかしたら、意外といけるのかな。SSDもこのところそうとう安くなっているみたいなので、ちょっと挑戦してみたい気もする。

    さて、新しいMacの話。まず選択肢としてあったのは、MacBook ProとMacBook Air、そしてMacBook。今の使い方であれば、本当に最安値のMacBookでもいいんじゃないかと思う。

    そしてコストパフォーマンスから言えば、iMacが一番なのかなと思うけど、置き場所の関係でノート以外は選択から外した。Mac miniも安いし面白いのだが、同じ理由で落選している。

    買ったのはアップルの整備品

    で、信条としてはその時に出ている最新の機種にするのが1番いいとずっと思っていたのだが、財布と相談した結果、整備品を購入するという選択になった。再三言っているが、今の使い方だと最新機種の機能までは必要ないかなという判断もあった。

    実際に買ったのはMacBook2016。3年前の機種とはいえ、2009に比べたら格段の差がある。MacBookやMacBook Airとも比較したんだけど、思ったよりも値段に差がない。それならば長く持ちそうなMacBook Proのほうがいいかなと思ったのだ。そして注文したらあっという間に来た。

    またMacBook Pro 2016に関しては画面のトラブルがあるみたいで、少し考えたが、逆にアップルの整備品ならそこら辺も直ってるのかなと思ったのと、保証も付いているのでこれを選んだ。

    MacBook Pro 2016の感想

    まあ、まず薄くなったなぁ。これが3年前の機種にしても、2009と比べると格段に薄い。もちろん画面もきれいだ。2009はそうとう調子を落としていたので、アプリもヘタをすると10回以上ピョンピョン跳ねないと起きてくれなかったのが、1回ピコンとしただけで立ち上がってくれるのはうれしい。

    10年前のMacをずっと使ってきたので、実はライブ変換だって初めてなのだ。これ、しばらく使ってみているけど、なんだか微妙だなぁ。便利だとは思うけど、「それじゃない」漢字になった時に、すばやく対応できない。慣れればいけるのかもしれないけど、やっぱりライブ変換なしのほうが早いなぁ。

    それから、キーボードについてもイマイチな感想で、ホームポジションの感覚がつかめない。ずっとUSボードを使ってたのに、うっかりJISキーボードのやつを買ってしまったからか、最近の機種だからかわからないが、どうもしっくりこない。

    これも慣れれば大丈夫になるのかなぁ。

    iPhone 6は直ったのか

    そうそう、肝心のiPhone6の話。MacBook Pro 2016を手に入れてすぐに試すことができるのかと思っていたら、ライトニングケーブルとUSBタイプCの変換ケーブルが必要なことがわかり、すぐには取り掛かれなかった。

    仕事の合間を見てケーブルを手に入れ、林檎ループに陥っていたPhone6をつないでみると、アップデートのダイアログが出てきた。まあ、これは林檎ループ中でも出てきたのだが、そこから進まなかったのが、今度はちゃんと進んでいく。そして画面に従い再起動。あっさりとiPhone6が蘇ったのだった。

    しかし、歳をとったのか最新機種を買ったからではないからか同じノートでもpismoを触ったときのようなウキウキ感はないな。それが少し寂しい。

    コメント

    #userlocal kokokara #userlocal kokomade