Time Machineでバックアップに失敗する

image

バックアップに「抜け」がある?

このところMacBook Pro 13 mid2009 が不安定な感じなので、いつでも復帰できるようにバックアップを確認してみた。すると、Time Machineの中からこぼれ落ちている部分=バックアップできていない部分があるではないか。

具体的に言うと、「システム」と「アプリ」、その他いくつかのファイルやフォルダがバックアップできていなかった。

実は去年あたりから、たまに「バックアップに失敗しました」というメッセージが出ていたのだが、確認してみるときちんとバックアップされていたので、なんとなく放っておいたのだ。

ところが、よくよく確かめてみると完璧にとれているものと、前述のフォルダがバックアップできていないものがあり、1月29日を最後にバックアップに完全に失敗しているのがわかった。

Time Machineの設定を復旧してみる

ネットで検索してみると、同じような人がいたので、それらを参考にあれこれやってみる。

とりあえず、com.apple.TimeMachine.plist を削除し、ディスクを選び直してからバックアップを開始するという方法を試す→失敗。

あれっ? と思い、com.apple.TimeMachine.plistを確認してみると、アプリやらシステムやらが除外リストに入っていた。

このファイルを捨てても同じplistが復活してしまうので、セーフモードで起動してから/Library/Preferences/com.apple.timemachine.plist と/Library/Preferences/com.apple.timemachine.plist.lockfile を削除。再起動してからバックアップディスクを選び直してセッティングするという方法をとった。

しかし、これもまた失敗。うーん、まいった。

HDDが壊れかけている?

ここへきて、「これはハードのトラブルかもしれない」と思い始めた。ちょっと遅いよね。最初に切り分けをしなくちゃいけなかったんだろうけど、やっと気づいた。

ディスクユーティリティで検証してみると、「修復の必要があります」と赤字のレポート。あららら、と焦りつつも修復ボタンを押して直してもらう。

しばらく時間おいて確認すると、修復が終わったとディスクユーティリティが報告してくれていた。

これで大丈夫だろう、と改めてTime Machineの設定をしてみる。ところが、今度は漏れフォルダどころかバックアップを開始すらしない。だめだ、こりゃ。

やっぱり、このディスクはもうだめなのか? 最後の手段、初期化してみるにしても、最悪のことを考えてバックアップをとるHDDが必要なのだが、手元にあるのは空き容量に不安のあるものばかり。

そこで出費が痛いが新しいバックアップ用のHDDを買うことにした。今回は楽をしようと最初からマック用フォーマットがされていてTime Machineにも対応しているHDDを選択。↓これね。

WD My Passport for Mac 2.0TB(Mac用 Time Machine対応 USB 3.0接続)WDBZYL0020BSL-JESN
WESTERNDIGITAL (2013-05-31)
売り上げランキング: 667

今日あたり届く予定なので、やってきたらバックアップをとってこわれかけのHDDを最フォーマットしてみようと思う。

10.9 Mavericksインストール時TimeMachineから移行できない。 | Apple サポートコミュニティ

ちなみにここを読むとMavericks で不具合が出ている人がほかにもいるみたいなので、Time Machineでトラブっている人は参考になるかも。

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade