MacBook Pro 2009midのメモリを8GBに増設した

Macがメモリ不足にあえいでいる

PowerPCの終わりごろだったか、Macはメモリと動作の関係がとてもよかった時代がある。

それがどうもこの頃、また「メモリ喰いのMac」になっているような気がするのだ。

とくにブラウザでたくさんのタブを開いていると、とたんにメモリが枯渇してきてリフレッシュするようなアプリを使わないと、動きがもっさりとしてしまうのだ。

もちろん、最新のMacを使えばメモリもたくさんつんでいるしCPUパワーもあるためこうした問題も出ないのだろうが、mojoの使っているMacはもう5年も前のものだ。コンピューターの世界で言えば、老体といっても過言ではなかろう。

それがメモリが足りなくてヒイヒイとあえいでいる。これはなんとかしなくちゃとmojoは思った。

しばらく悩んでいたのだが、メモリを増設することにした。

なぜ悩んでいたのかというと、新しいMacを買うかどうか。もし買うのならメモリはこのままでもいいだろう。

しかし、 先日も書いたように財政が圧迫されている事情あるゆえ、今新しいMacを買うのは難しい。

ならばメモリを増設したいのだが、実はメモリの増設に関しては、以前 以前アホなことをやってしまった

4GBだけ増やしてしまったのだ。なぜ、あの時制限いっぱいの8GBにしておかなかったのか、今でも後悔する。

4GB2枚で8千円程度で買えるのに、1枚5千円弱払うのもなんとなくもったいないじゃない? しかも、はずした2GBは当面使う予定がないんだし。

なんてケチ臭くウジウジしていたのだが、あまりにブラウザがもっさりしているので、とうとうAmazonにてポチっとしてしまった。買ったのはこれ。

image

メモリの増設は実に簡単! 15分で済んだ

以前やったことがあるってこともあるが、最近のMacはメモリの増設がとても簡単だ。

今回使ったのは、この細いドライバーだけ。

image

増設方法については前にも載せたけど、再度アップしておく。まずはPowerBookProを裏返しにして順にネジをはずしていく。長さが違うものがあるので、場所を覚えておくこと。

image

開けるとこんな感じ。真ん中あたりにメモリが見える。

image

メモリのところについているプラスチックのレバーを左右同時に開くと、メモリがピョコンと飛び出す。飛び出すっていうか、斜めに浮くという感じか。

image

image

それを2枚とも引っ張り出し、今度は逆に購入したメモリを挿し込めばOK。斜めにしっかりと挿して、下にぎゅっと押す。パチンという感触がしたら完了。

ここまで10分か15分。あとはフタのネジをつけておしまい。

image

アップルメニューのこのMacについて→詳しい情報→メモリを見てみると、しっかりと8GBになっていた。

まだしばらくいけるか? 俺の老体MacBook Pro

さて、8GBに増設してしばらく使ってみたところ、これがとてもいい感じ。ブラウザでタブをいくつか開いても、増設前よりはもたつく感じがなくなった。

もちろん、最新のMacに比べたらぜんぜん遅いのだろうけど、これでしばらくはいけそうな気がする。

それにしても改めて思うのは、Tigerで動かしているPowerPCの最終iMacのほうが、場面によってはサクサク動いているということ。やっぱり最新のOSを使うのには5年前のMacは古いということか。

Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB 永久保証 JM1066KSN-4G
トランセンド・ジャパン
売り上げランキング: 1,205

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade