胸腹部CT検査2012春

春っていうか、もう初夏になりつつあるんだけど、ちょこっと身辺がざわざわしているので、なかなか書けなかった。

で、結果から言うと、

上行動脈 50ミリ
下行動脈 49ミリ

で、動脈に関しては前回と比べて大きな変化なし。グラフト部分の血栓が肥厚化しているが、血流がないところなので問題ないとのこと。

さて、少し今後のことも話してきた。

手術から9年が経過して、その間、動脈が10ミリぐらい太くなっているので、あと10年以内に同じぐらい太くなる可能性が高い。そうなったら再度手術をしなくてはならないという。

「最近、ステントを使った手術が増えてきていますよね。あれって適用できないんですか?」

胸を開くのは嫌なので調子よく聞いてみたんだけど、

「mojoさんの場合は動脈瘤の形が全体的に大きくなるタイプなので、やっぱり開かないとリスクが大きいんですよね」

と、あっさり却下。そうか、ダメなのか。

ただ、最初の5年ぐらいで徐々に動脈が太ったのに比べて、この数年はほとんど変わっていないのが、唯一の慰め。そこで、

「このまま太らないって症例はないんですかねえ」

と言ってみる。

「うーん……」

うなり声しか聞こえない。こうなったら、こっちの動脈が限界に達するまでに医療技術が奇跡的な進歩を遂げ、レーザーで血管を細くするとか、ぜんぜん痛みのない簡単ラクラク手術ができるようになってくれないかなぁ、と曇天の空を見上げて祈ってみる。

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade