ニトロ

image

久しぶりに精神アワアワ状態になってしまった。

朝食を食べたあと、着替えていたらズボンがすそのところでめくれてしまったので、それを直そうとかがんだ。

とたんに左胸にズキンとした痛みが走り、「あれれ?」と思う。息苦しいというよりも、ズキンとする。痛くてしゃがみ込むほどではないけれど、いつもより気になる感じ。

ふだんなら、ちょっと様子を見るところなのだが、今日はなぜか最初から焦りまくり、ソッコーで薬箱に入れてあるニトロに手を伸ばした。

早く、早く! と思いながら銀色のパッケージを開け、舌の下に放り込む。ニトロは飲む薬ではなく舌下錠なのでそうするのだ。

そして横になり、息を整えるようにした。そうしながらいつでもかけられるようにと、電話の子機とiPhoneを手元に用意する。しかし、しばらくしてニトロが溶けてくるにしたがい、なんとなく落ち着いてきた。

それでもニトロを舐めるほどパニクっていたので、不安は収まらない。いや、痛みが消えたのである程度収まってはいたのだが、「さて、どうしよう?」と思ったのだ。

病院に行くか、行かないか。電話を入れるか入れないか。少しの間だけ逡巡する。

なんとなく大騒ぎするのもなぁ、という気持ちが働いたのだが、医師の意見を聞くぐらいはしておいてもよかろうと、かかりつけの病院に電話してみた。自分でも安心したかったんだと思う。

すると担当医は忙しかったのか電話口には出てこなかったのだが、担当医から説明を受けたナースが電話口でいろいろ教えてくれた。現在落ち着いていること、痛みがないこと、息苦しさやしめつけられている感覚がないことなどから、まあ大丈夫だろうとのこと。

「またズキンズキンしてニトロを使う回数が増えるようなら、すぐに連絡してください」

とナースは言った。心臓病患者でありながら、これまで数えるぐらいしかニトロの世話になってこなかったので、使うということにたいして、けっこう気弱になってしまうのだが、

「そういうときのためのニトロですから、おかしいなと思ったら使ってください」

と言われた。うーん、そうか、ある意味安心するための薬でもあるのかなぁ。

そんなわけで今日は朝からアワアワしてたのだが、考えてみたら気温も安定しないし、これから天気も下り坂だっていうし、それらの影響もあるのかな。精神的なものだったのかも。

季節変わりには、弱気が顔を出すなぁ。

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade