猛暑、五十肩、定期外来

病院へ行ってきた。3ヶ月に一度通っている定期のもの。血液検査にレントゲン、心電図という定番メニューをこなしたのだが、右へ移行した五十肩が痛くてレントゲンでは十分なポーズが取れず、技師が苦労していた。

この五十肩、まあ治らなくてギターを抱えるだけで痛くて、練習すらできないのだ。だまし、だまし弾くのだが、痛いから集中できないし、30分もたない感じ。だけど左肩だってまだ真上には上がらないものの、痛みは半分以下に鎮静してきたので、時間が右肩も解決してくれるのかなと期待している。

さて、本題の診察。この3ヶ月で2度ほど140台に上がったほかは、120以下でほぼ安定してくれている血圧。まあ、これくらなら大丈夫だろうと、主治医。相変わらず貧血ぎみなのも仕方なし。胸のレントゲンも3ヶ月前と相違なし。心電図も同じということで、中性脂肪がやや高め(とはいえ先生は朝ごはんを食べてこの数値なら心配ないだろうと言う)だということをのぞけば、酷暑の夏をまあ無事に過ごしているようだ。

ところで心電図といえば、去年から通っている編集部で健康診断を受けさせてくれているのだが、今年も7月に受けてきた。そこでなんと「心機能に異常なし」「循環器判定A」という評価をくだされ、あの手の病院の流れ作業的診察がいかにズサンなものかをこの体が証明しているなぁと思った。あんな無駄なお金の使い方はないね。きっと日本中でそんな検査がされているんだろうな。

そうそう、ちょっと前に騒いでいためまいに関しても軽いやつはしょっちゅうあるけれど、重いのはナリを潜めている。このままおとなしくていくれよ、と思う。

以上、現場から報告でしたー。

コメント

  1. 菅野淳一 より:

    イラストはご自分で描いているのですか?
    ほのぼのした雰囲気でいいですね。

  2. mojo より:

    △Junさん
    いやいや、フリーのイラストです。何年か前から話題になってるところで、最近はテレビやポスターなどでも見かけますねー。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade