胸腹部CT検査2016春

  

恒例の検査を受けてきた。検査自体はいつものことなので割愛。造影剤なしの画像と途中から造影剤をルートから注入しての撮影をして終わり。

いつもと変わったことといえば、検査前に小さなコップで水を飲まされたこと。

造影剤を使った撮影後は、早く体外に排出するために水をたくさん飲むのだが、薬を入れる前から準備をしようということかなあ。

あと、いっとき撮影前にニトロのようなもの(血管を拡張するためにと言っていたから、おそらくニトロ)を舌の裏にスプレーしていたけど、今回それはなし。いきなり検査が始まった。

これも水といっしょで、なぜ変更になったのかわからない。本人の体調をみてそうしていたのか、いろいろなやり方を模索しているのか、今度主治医に聞いてみよう。

さて、その1週間後、結果を聞きに再び病院を訪れた。主治医のていねいな説明によれば、

・術後患部の周囲やグラフト置換(人工血管ね)されていない弓部に異常はみられない。

・左右総腸骨動脈に石灰沈着と軽度の拡張がみられるが、半年前と比べて拡大傾向はみられない。

・同じくその他の動脈についても、半年前と比べて拡大傾向はみられない。

・肺、腹水、リンパ腫などにも異常はみられない。

・胆石に関しては、相変わらず存在するが、大きな変化はみられない。

ということで、また半年なんとか安心してやっていけそうな結果。

ただし、同時にやった血液検査でLDL(悪玉コレステロール)の値が高くなっていたので、130mg/dl以内にしなければ、血管が弱く破れやすいものになってしまうよ、と主治医の忠告。

外で仕事をするようになってから、どうも食事のコントロールがうまくいってないなあ、と感じていたが、早くも数値にあらわれてしまった。

ここは油断しないで、また正常値にもっていかなければ。でも、外にはおいしいものがいっぱいあるんだよねえ。

あっ、そういえば、ついでに2キロぐらい太ってしまったので、そちらもコントロールするようにと、主治医にジロリとにらまれた。

コメント

  1. 【篠の風】 より:

    検査の結果が異常なくてほんとうに良かったです。
    確かに外で仕事をすると食事の問題が出てきますよね。自分で作って食べるようなわけにもいかない場合が多いと思います。 mojo さんのおっしゃるように巷にはおいしいものがありすぎます。悲しいことにおいしいもののほとんどはカロリーが高い!(-_-;)

  2. mojo より:

    △【篠の風】さん
    ありがとうございます。これで、とりあえず次の検査までは安心して暮らせそうです。←小心(笑)

    確かにおっしゃるとおり、おいしいものはカロリーが高いですね。でも、たまには食べないと心によくない、とも思っています。

#userlocal kokokara #userlocal kokomade