さよなら父ちゃん24 酸素量が足りない

午前0時半と1時半のオシッコはいつも通りだったが、3時過ぎにはオシッコをしようとしたのに、途中で気持ち悪くなり中止。

さらに午前5時半、オシッコをしてから嘔吐。

でも、何も出ない。同じく8時半過ぎオシッコ中に吐き気を訴える。

お昼ちょっと前、医師の往診と訪問看護師が重なったので相談したところ、気持ち悪くなるのを治すために舌で溶かす薬が処方された。

さらに父ちゃんの酸素量が91から93ぐらいに落ちていると言われた。酸素量は入院中にはmojoも毎日測っていたが、普通の人なら100から98ぐらいはあるもの。90を切りそうになるというのはよろしくない。

そこで、ポータブル吸入器を導入して酸素吸入することになった。あまり、ジャマなものを父ちゃんにつけたくないが、これで少しでも苦しさがとれるのならと、医師の提案を受け入れることにした。

午後4時前、酸素吸入の器具を持って、吸入器の会社から人がやって来た。大柄な人が汗をかきかき設置してくれたが、本体は空気清浄機のような感じ。大きさも似ている。

部屋の空気を使うのでフィルターの汚れを落としてやらなければならないのも空気清浄機みたいだ。

また、停電とか災害時に持って出られるように酸素ボンベも2本置いて行った。

部屋がいろんな器具で埋まっていく。

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade