水木しげる91歳で新連載を開始

「わたしの日々」(ビッグコミック)というマンガの連載を91歳でスタートさせた水木しげるのインタビューをNHKが放送していた。

91歳で新連載の水木しげるさん「うぬぼれが大事」 NHKニュース
「わたしの日々」 …

中で水木しげるは、

・胃が丈夫であることが大切
・楽しくてたまらんような体の状態
・多少うぬぼれみたいな感じが長生きの秘訣
・自分を否定するような、奇妙で謙遜的な生き方っていうのは、ちょっとおかしい

といったようなことをしゃべっていた。それにしても元気そうで、好物のまんじゅうを「一度に食べるのは胃のことを考えて5つまで」と言いながら、ムシャムシャ食べていた。

ところで、今度の作品は自身を加えた兄弟や家族についてのエッセーマンガ。相変わらずのトボけたタッチがいい味をだしている。

水木しげるといえば一般的には「ゲゲゲの鬼太郎 (Amazon)」ということになるんだろうけど、個人的には妖怪ものよりも、エッセーっぽいものが好きだった。

ひょうひょうとして臆せず、言葉の通じない南の島の人たちとも仲良くなってしまう。それが戦地でも。

水木しげるは戦争マンガを多く残している。たとえば、「敗走記 (Amazon)」には6本の作品が収録されている。どれも悲惨なことを描いているのに、どこかに水木しげるならではの軽やかさが残っていて、それが読むものを惹きつけるのだ。

また「総員玉砕せよ! (Amazon)」は、水木しげるが出兵した南太平洋・ニューブリテン島での戦いを描いた作品だが、ヒーローや感動的なストーリーなどは出てこない。静かに事実を描写する。コミカル風味を散りばめながら。

この描き方だから、より現実が伝わってくるのだと思う。そして、それができる人はそういない。

91歳。大好きなまんじゅうを食べながら、いまだ新作に挑む。「水木しげる漫画大全集」(Amazon)も2013年より刊行されはじめ、今年もまだまだ発売予定が続いている。

こうなったら、100歳現役漫画家を目指してもらいたいものだ。

ゲゲゲの鬼太郎(1) (水木しげる漫画大全集)
水木 しげる
講談社 (2013-06-03)
敗走記 (講談社文庫 み 36-12)
水木 しげる
講談社 (2010-07-15)
売り上げランキング: 26,495
総員玉砕せよ! (講談社文庫)
水木 しげる
講談社
売り上げランキング: 3,498

コメント

#userlocal kokokara #userlocal kokomade